ペンギン旅にっき

普通の日本人が,ヨーロッパをさらに楽しく旅する方法を考えていくライフログ。ちなみにペンギンは野生では南半球にしか住まない。

ルクセンブルクのスーパーマーケットでチーズを買う話(luxembourg)

新しいことを知ったり,できるようになったりすると,嬉しい!

 僕は,新しいことを知ったり,できるようになるととても嬉しい気持ちになり,それだけで一日「今日も自分はえらいなぁ」なんて,おおげさに評価することさえあります。今日はルクセンブルクでのスーパーマーケットでの出来事・・・

チーズと肉を,トリさんマークの大きなスーパーで買うことができるようになりました。

 最初はできなかったのです。僕がが日本人らしく,律儀にチーズ売り場の前で順番を待っていても,私の順番はいっこうにきません。「えっ,絶対あの外国人より,僕のほうが先にいるのに!」(ここでは僕が外国人)
 これだけ並んでると,どれがどんな味のチーズだか見当もつきません。

チーズがほしいというより「買えるようになりたい」

 ここまできたら,何も買わずに引き下がるわけにはいきません。必死に周囲を観察します。人々が何か持っている・・・なんだあの紙は・・・どこにあるんだ・・・あそこか!!
 

 僕は無事に整理券を手に入れ,チーズを買うことができました。(ついでに山羊のチーズは癖が強いことも知りました)
 こっちの人も,順番をしっかり守っていたのね・・・

成長する自分に,自分が期待してあげよう。

 勉強も,新しい知識を手に入れることは同じ。本来は楽しい行為であるはずだと思います。
 それが,誰かに強制されたり,やりたくない気持ちでやったりするから,楽しくなくなると思います。
 買い物も「買い物しなきゃ・・・」って気持ちでするのと,「今日はどんなもものに出会えるかな」と思って出かけるのとでは全然違う。
 楽しさを自分で見つけ,何かできるようになる,発見する自分に,自分が一番期待してげられる存在でありたい。