ペンギン旅にっき

普通の日本人が,ヨーロッパをさらに楽しく旅する方法を考えていくライフログ。ちなみにペンギンは野生では南半球にしか住まない。

太陽を楽しむ

(20180423@ルクセンブルク

 緯度の高いルクセンブルクでは,4月朝5時には周囲が明るくなり,夜の9時でようやく夕暮れを迎えます。冬の間,わずかな時間しか日差しを浴びることができない分,こちらに住む人たちは,全力で太陽を楽しんでいることが伝わってきます。

 さて,ルクセンブルク市内には,いくつか広場があります。(空き地で雑草がぼうぼうになっているわけでもなく,なにか建物を建てなければ気が済まない日本との違いを感じます。日本は土地が少ないから仕方ないのかもしれませんが)

 その広場に,どこからやってきたのか,いつのまにか,広場がお店でいっぱいになっています。

f:id:penguin-yu:20180430052341j:plain

おやつが売っています。強烈な誘惑です。

f:id:penguin-yu:20180430052442j:plain
f:id:penguin-yu:20180430052450j:plain


理科を教えていた人間には,試験管用のたわしにしか見えません。

f:id:penguin-yu:20180430052624j:plain

これはなんだろうか・・・

f:id:penguin-yu:20180430052806j:plain

[f:id:penguin-yu:20180430053031j:plain

と思ったら,滑り台でした。どこから運んできたんだろう・・・?

f:id:penguin-yu:20180430053209j:plain

トランポリンもあります。跳んでみたい・・・

これは・・・
f:id:penguin-yu:20180430053311j:plain

 輪投げ的な,ミニゲームのようです。
 むしろ中国を100パーセント感じるネズミとイヌのインパクトで,景品なんてどうでもよくなっています。

 ドイツの食文化を受けているのかな?ほかの屋台にはソーセージとか,ホットドッグとかが売っています。本当にパンにウインナー挟んだだけなんだけど,みんなおいしそうにパクパク。ビールをぐいぐい。

 みんな外とで,家族や大切な人との会話を楽しみながら,日曜日を過ごしています。時間がゆったりとしていて,本当に素敵です。

 これから日がさらに伸びていきます。街がどんなふうに変わっていくのか,今からとても楽しみです。