ルクセンブルク

日本からルクセンブルクに移住。GDP世界一のお金持ちの国ルクセンブルクがどんな国なのか,ドイツやフランスなどの周辺国の旅行記事とともにレポートします。

オランダに行ってきました!(20180422)

f:id:penguin-yu:20180427044441j:plain

4月,ルクセンブルクは過ごしやすい季節を迎えています。
陽だまりの下にいると,軽く汗ばむほどです。ただ,朝晩は少し空気がひんやりしています。

さて,今回はオランダに行ってきました。
春のオランダといえばぜひ訪れたいのがキューケンホフ(keukenhof)。
チューリップで有名な公園です。無事に行って帰ってこられたのでレポートしたいと思います。

ルクセンブルクからの交通手段は,バスです。
飛行機だと1時間で3万円ほどでオランダに行くことができます。
バスですと,およそ€60,¥8000くらいで往復できます。これはお財布に優しい。(filixbusという,ヨーロッパの各都市を結ぶバスを利用しました)

f:id:penguin-yu:20180529025619p:plain

ぱっと見た感じ,楽勝に見えるでしょう?
しかし・・・思ったより遠かった。よくよくみてみたら,東京と名古屋くらいの距離がありました。

午前2時15分,ルクセンブルク中央駅を出発します。
途中,ベルギーの各都市を経由しながら,オランダ,アムステルダムを目指します。

アムステルダムについたのが8時15分。まだ,意外に元気。
そこから電車に乗ってアムステルダム中央駅に行きます。
ここから愚痴を書きます。
オランダ,ちょっと高い。
たった1駅,4kmの移動に€3.30.

イレを使うだけで€0.70.(悔しいから我慢した)
これは東京から新宿まで190円で行けちゃう,どのトイレに入ったって温かい便座が出迎えてくれる日本を見習ってほしい。

なにはともあれ,アムステルダム中央駅に到着です。

f:id:penguin-yu:20180427043138j:plain

f:id:penguin-yu:20180427050437j:plain

 

 事前に予約していたキューケンホフ行きのバスチケットは,どうやら駅からではなく,街の中に行かなければバスがないそう。
(それを聞くのに15分くらい彷徨った)
 ようやくバス停発見。すげーどうでもいい位置にある。人だかりがなかったらスルーするところだった。

アムステルダムスキポール空港→キューケンホフ

と移動します。

f:id:penguin-yu:20180427044045j:plain

空港すげー混んでる。

後ろのイタリア人のお父さんはずっと娘を抱きしめていました。
中国人のじいさんばあさんはずる込みをしてきました。

なんやかんやあって,12時。無事キューケンホフにつきました。

 

f:id:penguin-yu:20180427044545j:plainf:id:penguin-yu:20180427044604j:plainf:id:penguin-yu:20180427044614j:plainf:id:penguin-yu:20180427044616j:plainf:id:penguin-yu:20180427044618j:plainf:id:penguin-yu:20180427044446j:plain

すごい!
圧倒的な色鮮やかさです。

 

さらに,室内にも,多様な展示がありました。

f:id:penguin-yu:20180427045825j:plain
f:id:penguin-yu:20180427045734j:plainf:id:penguin-yu:20180427045756j:plainf:id:penguin-yu:20180427045804j:plainf:id:penguin-yu:20180427045812j:plainf:id:penguin-yu:20180427045818j:plain

 

フリット。ただのジャガイモの塊を揚げたやつでしょ?って,わかってても食べちゃうんだよなー。

 

f:id:penguin-yu:20180427050249j:plain

ミッフィーちゃんはオランダ発祥です。

 

f:id:penguin-yu:20180427050325j:plain

 

一生に一度,キューケンホフに行ってみるのもよいのではないでしょうか?
一度行けば,ひたちなか海浜公園でも十分楽しめると思います。

 

ほら。
f:id:penguin-yu:20180427050724j:plain